建物管理は業者へ依頼|都会で始めるマンション経営|立地条件の良さがカギ
男の人と女の人

都会で始めるマンション経営|立地条件の良さがカギ

建物管理は業者へ依頼

集合住宅

分譲マンションの管理には非常に幅広い業務が伴います。そのため、そうした手間に煩わされたくない人はマンション管理会社に一任することをおすすめします。マンション管理会社とは、分譲マンションの管理業務を引き受けることを主な業務とする会社のことです。大手企業から中小企業まで幅広くあり、全国で2000社以上もあります。主な業務としては管理費の出納、建物の清掃、設備点検などがあります。室内の管理については業務外が基本でしたが、最近はマンション管理会社によっては手がけるところも出てきました。どこのマンション管理会社でも信頼することができるというわけではありませんので、実績と歴史のある会社を選ぶようにしましょう。

マンション管理会社を活用方法には2種類あります。1つ目は全部委託というものです。分譲マンションの管理に関する業務をすべて任せて、委託料を毎月支払います。マンション管理会社を利用する人のほとんどはこの全部委託です。2つ目は一部委託というものです。これは管理費の出納などの一部の業務のみを任せて、あとは自分達で管理します。マンション管理会社も清掃業務や設備の点検作業は自分達でやっているわけではなく、専門の業者に依頼しています。そのため、最近ではわざわざマンション管理会社に委託する必要のない業務はできるだけ減らして、手数料をカットする傾向があります。委託する業務が少なければ少ないほど手数料は低くなるからです。