アパート経営に失敗しないために考える【事例を知ることで得る知識】

マンション

定期的に参加しよう

セミナー

最近では無料の不動産投資セミナーも増えてきました。定期的に参加して情報の鮮度を保っておきましょう。無料とはいえ、内容の濃い不動産投資セミナーが多いです。まずは申し込みをしておくことから始めてみましょう。

詳しくはこちら

保証会社への加入と審査

ペン

賃貸物件を借りる際、家賃保証会社への加入が必要となるケースが増えています。大家にとって家賃滞納を防ぐためにメリットがあります。家賃保証会社への加入には審査が必要となります。携帯電話や公共料金の支払いに滞納がないかどうかなどが査定に影響する場合があります。

詳しくはこちら

借り手の心理を知る

電卓

人は価値のある物を求める

アパート経営で失敗してしまう人の多くは、借り手の心理をよく理解していない事が挙げられます。アパートさえ手に入れば、自然と借り手が現れ毎月一定のお金が簡単に入ると安易な考えを持つ方もいます。例えば、アパートに住む人にとっては、周りよりもオシャレで目立つ内容だと優越感と言う目に見えない、快感を得る事が出来る事もあります。失敗をしてしまう中には、借り手が快感を感じて満足する視点を把握していない事が挙げられます。リフォームを行う予算がなければ、最低、花などを花壇に植え美しさを際立たせる努力を行う事が重要と言えるでしょう。この様な行為は、実際に住む人も心地良いと感じてくれる事もあり、貸しての思いが借り手に伝わる事によって、退去率を低く抑える事も可能です。

妥協する精神を持つ

アパート経営を行うには、様々なトラブルを防ぐために頑固な考えを持ち合わせてしまう事もあります。事例としては子供禁止や、ペット禁止などが挙げられます。特に若い人は、結婚を目的として退去する可能性を高く持ち合わせています。融通を持たずに頑固な性格だと、アパート経営が失敗をしてしまう可能性があります。あくまでも契約と言うのは、個人と借り手の契約であり、貸してとの住民全員が同じ契約内容でなければならないと言う訳ではありません。つまり、柔軟性を高く持ち契約内容を変える事が出来れば、退去率を下げ事も可能であり、アパート経営を長く続けて行く事に繋げて行く事が出来ます。失敗をしてしまう方の中の事例として、独断専行的な考えを持ち合わせ易く、逆に不動産会社に全て丸投げをしてしまう方もいます。不動産会社を通して、人が求めるアパート内容を徹底的に聞いたり、セミナーに参加をして最新の情報を手に入れたりしながら、需要に合うアパート経営を心掛ける事が重要であり、失敗をしないための王道と言えるでしょう。

物件の選び方

家

なるべく綺麗な物件を購入することで、入居希望者のハートを掴みましょう。綺麗な物件を購入する事によって、入居希望者が多くなるので、上手く賃貸経営を進めて行く事ができます。また迷ってしまった場合が学校の近くにある物件から確認しましょう。

詳しくはこちら